頭皮の湿疹ができた時はどう対処する?

頭皮の湿疹ができた時はどう対処するのが良いかというと、まずシャンプーやリンスが合わなかったことが考えられるので、敏感肌用などに変えるとよいです。シャンプー剤によって頭皮の湿疹ができることはよくあります。洗浄力が強いもので頭皮が炎症を起こした場合、シャンプー剤の使用量が多すぎることも考えられます。そして洗うときは、絶対に爪を立ててはいけません。
続きを表示

頭皮の乾燥を防ぐためには何が必要?

頭皮の乾燥を防ぐためには何が必要かというと、生活習慣の見直しです。シャンプーの方法を変えて、頭皮の皮脂を過剰に落としてしまわないよう注意することが一番大事です。頭皮の乾燥を防ぐには、何より正しいシャンプーのしかたを身につけないといけません。必要以上に洗うと乾燥してしまうので、シャンプーの頻度は、多くても1日か2日に1度程度にすることです。1日に2回以上の洗髪は乾燥を招くことになります。乾燥を防ぐには頭皮の洗い方も大切で、必要以上に多量のシャンプーを使わないことです。また、頭皮にダメージを与えないよう、直接シャンプーを頭皮につけるのではなく、よく泡立ててから利用することです。そして大事なのは乾かし方です。ドライヤーのスイッチを強風もしくはワット数の大きい方に入れ、必ず遠くからドライヤーの風を髪の毛の中に送り込むようにして、頭皮を乾燥させていきます。そして頭皮を乾かす際、ドライヤーの熱に十分に注意するようにします。熱風を当て続けると頭皮は乾燥してしまうので、ある程度距離をとって風をあてるようにします。ドライヤー前にタオルドライしておくとよく、手早く乾かすことができます。

頭皮の乾燥を防ぐには

頭皮にかさぶたがあるときはどんな風に洗髪したらよいか

頭皮にかさぶたがあるときは洗髪の仕方が気になります。どんな風に洗髪したらよいかというと、できるだけ刺激を与えないことです。頭皮のかさぶたは、患部に触れたり,患部を掻いたりしないことが大事になります。シラクモの場合、患部を掻くことで余計に広がってしまう恐れがあります。触れた手でその他の皮膚に触れると、水虫、爪白癬、いんきんたむしなどになる可能性もあります。頭皮にかさぶたがあるときは、シャンプー剤を使用する前に、シャワーで頭皮と髪の毛をしっかりすすぎ洗いします。その後、シャンプー剤を手に取り,両手でしっかり泡立たせてから,泡を頭皮と髪の毛に移します。シャンプー中は、絶対に爪が頭皮に触れないようにし、すすぎは必ずシャワーを使って、きちんとすすぎ洗いをします。頭皮にかさぶたができるのは、シャンプー剤のすすぎ不足も考えられるので、しっかりすすぎ洗いをすることが重要です。また、シャンプー後の乾燥不足も考えられるので、お湯に浸して固く絞ったタオルで頭皮の水分を吸収します。乾燥タオルを用意して、頭皮の水分を吸収することが大事です。

頭皮にできるかさぶたの対処法